保育白書 2021年版特集 STOP! 規制緩和─保育労働の現状と展望
保育白書 2021年版

1990年代後半以降、待機児童対策の有力な手段として規制緩和策が、次々と実施されました。その結果、貧しい条件の下で、保育の長時間化などがすすみ保育現場の多忙な状況が深刻化しました。また、保育者の処遇劣化を招いたといえます。
 コロナ禍という災厄を体験した今、そうした状況を抜本的に変えることが、多くの保育関係者の共有課題となったといえます。これまでの規制緩和政策が保育に与えた影響と、それを克服するための課題を論じます。

978-4-89464-280-5
B5判/344ページ
ひとなる書房2021/9

商品価格 3,267 円(本体価格:2,970円)
著者又は編者名 全国保育団体連絡会・保育研究所
カテゴリ 保育・子育て
SoldOut
最近チェックした商品 クリア