人口減少と大規模開発コンパクトとインバウンドの暴走
人口減少と大規模開発

国家戦略特区を初めとした新たな公共事業政策、リニア中央新幹線、長崎・北陸新幹線の沿線整備、MICEによる国際会議・展示会の誘致、立地適正化計画による都心開発など、大規模開発計画が乱立している。この現状をつぶさに分析して、人口減少時代にふさわしいまちづくりとは何かを考察する。
 
地域を見つめるまちづくり

ISBN 978-4-88037-667-7 C0031
A5 114頁
自治体研究社 2017/7/

商品価格 1,320 円(本体価格:1,200円)
著者又は編者名 中山 徹
カテゴリ 政治
最近チェックした商品 クリア