人口減少と地域の再編地方創生・連携中枢都市圏・コンパクトシティ
人口減少と地域の再編

日本の多彩な国土を構成する地域が存亡の危機に立たされている。少子化に歯止めがかからず、100年後の人口は現在の3分の1。こうした状況に政府は「地方創生」というキーワードを提出した。では、この地方創生をどう評価すべきなのか。政府が進める地方創生を概観し、47都道府県が策定した人口ビジョン、総合戦略の特徴を検証する。そして、人口減少社会において、政府は地域をどのように再編しようとしているのかを、再編の柱であるコンパクトシティとネットワークの現状分析を通してを捉える。地方創生とは一体何なのか、そしてどう対応すべきかを追究する。
 
再生のシナリオは大丈夫か

ISBN 978-4-88037-653-0 C0031
A5 134頁
自治体研究社 2016/5/

商品価格 本体価格 1,350 円+税
著者又は編者名 中山 徹
カテゴリ 経済
最近チェックした商品 クリア