新版 資本論 第12分冊 新版 資本論 第12分冊
new
 カール・マルクス
978-4-406-06386-9
A5判並 368P
新日本出版2021/7
 
詳細を見る
価格:1,870 円(税込)
『資本論』全三部をしめくくる第七篇「諸収入とその源泉」(第48章〜第52章)を収録。新しい編集と豊富な訳注で人間の自由と全面的な発達を展望したマルクスの未来社会論の達成、資本主義論と変革の論理を読む。付録として、全三部の「総目次」、800人を超える「人名索引」、充実した「文献索引」を付す。新版『資本論』は12分冊で完結する。
新版 資本論 第12分冊
新版 資本論 第12分冊
new
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
新版 資本論 第11分冊 新版 資本論 第11分冊
マルクスの研究は、土地所有と資本主義的地代の解明にすすむ。 new
 
ISBN978-4-406-06385-2
A5判並 360P
新日本出版2021/5
 
詳細を見る
価格:1,980 円(税込)
第6篇「超過利潤の地代への転化」は、人間社会で長い歴史をもつ「土地所有」とは何かを問いながら、近代的土地所有の特徴と資本主義的地代(絶対地代・差額地代)の全容、その創生記に迫る。土地所有論を重要なテーマとして、構想を発展させ続けたマルクス。研究の成果は『資本論』にどう組み込こまれたか。訳文を大幅に改訂し、数多くの訳注を付す。
新版 資本論 第11分冊
新版 資本論 第11分冊
マルクスの研究は、土地所有と資本主義的地代の解明にすすむ。 new
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
マルクスの「生産力」概念を捉え直す マルクスの「生産力」概念を捉え直す
社会変革の新しい道筋のために new
 聽濤 弘
978-4-7803-1146-4
四六判上製208頁
かもがわ出版2021/3
 
詳細を見る
価格:2,200 円(税込)
マルクスは「生産力」をどう定義していたのか。
今どう定義し直すべきなのか。
「生産力が社会発展の起動力」だというマルクス主義の命題をマルクスによる生産力の定義に遡って解釈し直すことで示す新しい社会主義の姿。
マルクスの「生産力」概念を捉え直す
マルクスの「生産力」概念を捉え直す
社会変革の新しい道筋のために new
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
発達保障論の到達と論点 発達保障論の到達と論点

 越野 和之/全障研研究推進委員会
9784881347355
A5判/ページ数 268p
全障研2018/11
 
詳細を見る
価格:3,300 円(税込)
目次

第1章 発達保障とは何か
第2章 発達保障は人間の発達をどう理解するか
第3章 発達保障論は人間の「障害(disability)」をどのように理解しようとしてきたか―全障研の結成から一〇年目までの議論に焦点をあてて
第4章 発達保障論における教育実践の構想
第5章 発達保障と「労働」
第6章 発達保障論における社会形成の原理とその論点
発達保障論の到達と論点
発達保障論の到達と論点

本体価格:3,000 円+税
 
詳細を見る
コロナ・パンデミックと日本資本主義 コロナ・パンデミックと日本資本主義

 友寄 英隆【著】
9784761707255
A5判 163p
学習の友2020/10
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
コロナ・パンデミックと日本資本主義
コロナ・パンデミックと日本資本主義

本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
資本主義を改革する経済政策 資本主義を改革する経済政策
new
 支え合う社会研究会・歌川 学・佐藤 拓也 田辺 麟太郎・村上 研一・森原 康仁
978-4-7803-1133-4
四六判208頁
かもがわ出版2021/1
 
詳細を見る
価格:1,870 円(税込)
経済の意思決定に人々が参加できる社会
小泉改革で本格化した「新自由主義」は、国民の暮らしと福祉を破壊しただけでなく、日本経済を脆弱にしてしまった。それがコロナ禍で誰の目にも明らかになった。「新自由主義に代表される資本主義の収益性原理こそ日本経済が抱える問題の根幹にある」との視点に立ち抜本的な改革の方向性を提示する。
資本主義を改革する経済政策
資本主義を改革する経済政策
new
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
13歳からの食と農 13歳からの食と農
家族農業が世界を変える new
 関根 佳恵
978-4-7803-1120-4
A5判144頁
かもがわ出版2020/11
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
SoldOut
家族農業はSDGsの要だよ!
食糧不足や気候変動危機を受け大きく方針転換しつつある食と農の問題を、「家族農業の10年」、SDGs(持続可能な開発目標)等のキーワードでわかりやすく解説。
13歳からの食と農
13歳からの食と農
家族農業が世界を変える new
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
〈復興と祝祭〉の資本主義 〈復興と祝祭〉の資本主義
唯物論研究年誌第25号 new
 唯物論研究協会 編
9784272439157
A5・256ページ
大月書店2020/10
 
詳細を見る
価格:3,850 円(税込)
地震、水害、新型コロナ…引き続く災害に襲われる日本。そのなかで、五輪など祝祭により復興を目論む政治・資本の力と、新自由主義がもたらした社会の困難が露出している。その矛盾の裂け目から、新たな社会のビジョンを描く。
〈復興と祝祭〉の資本主義
〈復興と祝祭〉の資本主義
唯物論研究年誌第25号 new
本体価格:3,500 円+税
 
詳細を見る
『資本論』完成の道程を探る 『資本論』完成の道程を探る
マルクスが心血を注ぎ、エンゲルスがその完成に生涯をかけた全道程が明らかに! new
 不破哲三
978-4-406-06488-0
A5判並 296P
新日本出版2020/10
 
詳細を見る
価格:2,200 円(税込)
『新版 資本論』刊行開始の記念講演(2019年秋)を序論に、2020年の『前衛』誌に発表した、『資本論』第二部、第三部の編集にあたったエンゲルスの苦闘の経過と意義を解明した論考、マルクスの恐慌理論の成立・展開の過程の歴史的追跡に挑戦した論考を収録する。巻末にはマルクスの恐慌論が現代に生きることを実証した論考を旧著から紹介。
『資本論』完成の道程を探る
『資本論』完成の道程を探る
マルクスが心血を注ぎ、エンゲルスがその完成に生涯をかけた全道程が明らかに! new
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
米中「新冷戦」と経済覇権 米中「新冷戦」と経済覇権
対立の底流には何があるか――野望と迷走を読み解く
 奥村皓一
978-4-406-06483-5
四六判並 288P
新日本出版2020/8
 
詳細を見る
価格:3,080 円(税込)
「貿易戦争」、ファーウェイ問題など溝が深まる米中関係。米国の思惑を超えて中国経済は成長し、壮大な経済圏構想「一帯一路」も矛盾をはらみながら進む。他方、米国製造業は凋落、中国依存による多国籍企業ビジネスモデルの脆弱性も明らかに。世界と時代はどう動くか。米大統領選とも関わる超大国の動向を骨太に読み解く!
米中「新冷戦」と経済覇権
米中「新冷戦」と経済覇権
対立の底流には何があるか――野望と迷走を読み解く
本体価格:2,800 円+税
 
詳細を見る

戻る|1  2 3 45次へ

最近チェックした商品 クリア