フェイクと憎悪 フェイクと憎悪
歪むメディアと民主主義
 永田 浩三 編著
9784272330942
4-6・272ページ
大月書店2018/7
 
詳細を見る
本体価格:1,800 円+税
「反日日本人をあぶり出せ」と煽る新聞、デマに満ちた沖縄報道、
「日本礼賛」の裏での外交的孤立――権力にすり寄り右傾化するマスメディアが
社会の分断に拍車をかける現状に、第一線のジャーナリストと研究者が警鐘を鳴らす。
フェイクと憎悪
フェイクと憎悪
歪むメディアと民主主義
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
米朝首脳会談後の世界 米朝首脳会談後の世界
北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか new
 柳澤 協二・太田 昌克・富澤 暉・今村 弘子
978-4-7803-0972-0
四六判128頁
かもがわ出版2018/7
 
詳細を見る
本体価格:1,000 円+税
SoldOut
誰もが衝撃を受けた米朝首脳会談。
朝鮮半島の非核化の行方はまだ不透明で、今後も前進と後退を繰り返すだろう。
防衛の現場で朝鮮半島問題に携わってきた元官僚・自衛隊幹部、核問題のスペシャリスト、北朝鮮経済の専門家が、それぞれの立場から、これまでの教訓を踏まえ、今後の展望を語る。
米朝首脳会談後の世界
米朝首脳会談後の世界
北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか new
本体価格:1,000 円+税
 
詳細を見る
「明治150年」に学んではいけないこと  「明治150年」に学んではいけないこと 

 本庄豊
A5判 ブックレット 106頁
機関紙出版 2018/6
 
詳細を見る
本体価格:1,000 円+税
「明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは、大変重要」だと「明治150年」キャンペーンを展開する安倍政権。しかし、明治を単純に美化してはならない。わかりにくいとされる幕末から明治への流れを読み解き、明治とともに生まれながら、明治という時代に殺された革命家・幸徳秋水の生きざまを通して、「明治150年史観」に対抗する歴史認識を体得することの意味を提示する。
「明治150年」に学んではいけないこと 
「明治150年」に学んではいけないこと 

本体価格:1,000 円+税
 
詳細を見る
核兵器ではなく花をください 核兵器ではなく花をください
エピソードで綴る日米の交流と戦争の両面史 new
 菅野 光公
978-4-7803-0971-3
四六判96頁
かもがわ出版 2018/6
 
詳細を見る
本体価格:900 円+税
日本から贈られた桜と日本人形、アメリカから贈られたハナミズキと青い目の人形ー
友好の象徴だったが、戦争の時代には打ち捨てられる。しかしそれを大切に守りつづけた人もいた。日米関係史を交流と戦争の要素の統一として捉え、エピソードで紹介する新しい試み。
核兵器ではなく花をください
核兵器ではなく花をください
エピソードで綴る日米の交流と戦争の両面史 new
本体価格:900 円+税
 
詳細を見る
トランプ王国の素顔 トランプ王国の素顔
元NHKスクープ記者が王国で観たものは new
 立岩陽一郎
ISBN978-4-87154-159-6
四六判/256頁
あけび書房 2018/6
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
「トランプは裸の王様だ」。多くの国民から聞こえる声。アメリカ国民はトランプに何を求めているのか。メディアではあまり報じられていない国民各層のありのままの声を、元NHKスクープ記者がルポ。
吉岡忍(作家、日本ペンクラブ会長)、山本浩之(毎日放送「ちちんぷいぷい」メインMC)推薦。
トランプ王国の素顔
トランプ王国の素顔
元NHKスクープ記者が王国で観たものは new
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
右派はなぜ家族に介入したがるのか 右派はなぜ家族に介入したがるのか
憲法24条と9条
 中里見 博 他5人
ISBN 9784272350438
4-6・208ページ
大月書店2018/5
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
「個人の尊厳」と「両性の本質的平等」を掲げる24条は、9条と並んで改憲のターゲットとされてきた。
――それはなぜか?
「家族」を統制しようとする右派の狙いを読み解き、24条と9条を柱とする「非暴力平和主義」を対置する。
右派はなぜ家族に介入したがるのか
右派はなぜ家族に介入したがるのか
憲法24条と9条
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
『国体論 菊と星条旗』 『国体論 菊と星条旗』
天皇とアメリカ 誰も書かなかった日本の深層! new
 白井 聡
ISBN978-4-08-721028-6
【要送料】
集英社 2018/5
 
詳細を見る
本体価格:940 円+税
明治維新から現在に至るまで、日本社会の基軸となってきたものは「国体」である——。
 象徴天皇制の現代社会で「国体」? それは死語ではないのか? 否、「国体」は戦後もこの国を強く規定している。一九四五年八月、大日本帝国は「国体護持」を唯一の条件として敗戦を受け容れた。ただし、その内実は激変した。「戦後の国体」とは、天皇制というピラミッドの頂点に、アメリカを鎮座させたものなのだ。
 なぜ、かくも奇妙な「国体」が生まれたのか。「戦後の国体」は、われわれをどこに導くのか。『永続敗戦論』の白井聡による、衝撃作!
『国体論 菊と星条旗』
『国体論 菊と星条旗』
天皇とアメリカ 誰も書かなかった日本の深層! new
本体価格:940 円+税
 
詳細を見る
  打倒安倍政権 打倒安倍政権
9条改憲阻止のために new
 打倒安倍政権 9条改憲阻止のために 五十嵐仁
ISBNコード 9784761707095
B6 116p
学習の友社 2018/4
 
詳細を見る
本体価格:1,400 円+税
2017年10月に実施された総選挙とその前に行われた東京都議選の結果を総括しつつ、これらの選挙から生じた希望と展望の内容を明らかにするとともに、安倍暴走政治の到達点として安倍首相が狙っている9条改憲を阻止する。
  打倒安倍政権
打倒安倍政権
9条改憲阻止のために new
本体価格:1,400 円+税
 
詳細を見る
「ポスト真実」の世界をどう生きるか 「ポスト真実」の世界をどう生きるか
ウソが罷り通る時代に new
 小森陽一
ISBN978-4-406-06243-5
四六判並 224P
新日本出版2018/4
 
詳細を見る
本体価格:1,800 円+税
移民を犯罪者扱いする大統領、「慰安婦」報道が日本を傷つけたと語る首相。事実をねじ曲げ、特異な自説を主張する言葉が溢れています。そして公文書の改竄も…。こうした背後に何が? 4人の識者と、パソコンもインターネットもやらない小森さんとの対話から、私たちの社会が今どうなっているか、わかりやすく見えてきます。
「ポスト真実」の世界をどう生きるか
「ポスト真実」の世界をどう生きるか
ウソが罷り通る時代に new
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
戦争の真実 戦争の真実
証言が示す改憲勢力の歴史偽造 new
 
ISBN978-4-406-06242-8
四六判並 192P
新日本出版2018/4
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
アジアに対する侵略戦争への厳しい反省から生まれた憲法9条。安倍政権による改憲発議の危険が高まる今、改憲勢力の“「慰安婦」は強制ではなかった”“南京大虐殺はウソ”という主張に対して、「しんぶん赤旗」がアジア各地や国内の現場にいき、体験者の証言をじかに取材し、彼らの歴史認識の根本的誤りを明らかにする。
戦争の真実
戦争の真実
証言が示す改憲勢力の歴史偽造 new
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る

戻る|1  2 3 4..12次へ

最近チェックした商品 クリア