市民と議員のための自治体財政 これでわかる基本と勘どころ 市民と議員のための自治体財政 これでわかる基本と勘どころ
new
 森 裕之
9784880377056
A5166ページ
自治体研究社2020/1
 
詳細を見る
本体価格:1,500 円+税
お金の流れがわかる画期的な入門書
まちの財政はどうなっているのか。「財政」を「家計」に置き換えて、例えば、「収入と支出」や「貯金と借金」など、身近なお金の動きと比較対照して自治体財政の仕組みを分かりやすく解説する。わたしたちが暮らす自治体の公共サービスのあり方やお金の流れが見えてくる画期的な入門書。
市民と議員のための自治体財政 これでわかる基本と勘どころ
市民と議員のための自治体財政 これでわかる基本と勘どころ
new
本体価格:1,500 円+税
 
詳細を見る
追従で国を損なう安保ン丹 追従で国を損なう安保ン丹
川柳で安倍政権を捌く new
 八角 宗林
978-4-87154-175-6
四六判/80頁
あけび書房2020/2
 
詳細を見る
本体価格:1,200 円+税
一国の総理大臣を「安保ン丹」などとお呼びした無礼を、まず、お詫びします。無礼そのものですから。安倍政権の悪行・不実の数々を川柳で痛烈に軽妙洒脱に喝破します。約200の川柳ひとつひとつに丁寧な解説を付けました。安倍長期政権の足跡を振り返るのにも便利な一冊です。
追従で国を損なう安保ン丹
追従で国を損なう安保ン丹
川柳で安倍政権を捌く new
本体価格:1,200 円+税
 
詳細を見る
ロスジェネのすべて ロスジェネのすべて
格差、貧困、「戦争論」 new
 雨宮処凛、倉橋耕平、貴戸理恵、木下光生、松本哉
978-4-87154-177-0
四六判/248頁
あけび書房2020/2
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
失われた世代、就職氷河期世代、貧乏くじ世代、非正規第一世代、自己責任呪縛世代、そして「戦争論」世代…。ロスジェネ5人の気鋭の研究者、活動家、作家がロスジェネのすべてを語り合った、あまりにも刺激的な対話の記録。
ロスジェネのすべて
ロスジェネのすべて
格差、貧困、「戦争論」 new
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
経済のしくみと政府の財政 経済のしくみと政府の財政
くらす、はたらく、経済のはなし 4 new
 山田 博文
9784272407347
菊判・40ページ
大月書店2020/1
 
詳細を見る
本体価格:2,000 円+税
経済の基礎知識をわかりやすく解説する全5巻のシリーズ

経済ぬきには仕事も生活も成り立たちません。それを知ることで、はじめて見えてくるものがあります。
このシリーズでは経済の基礎知識をわかりやすく解説していきます。

3巻目は、家計・政府・企業という3つの経済の歯車について。

経済を動かしている3つの歯車、家計・政府・企業のそれぞれの役割としくみを子どもたちにわかるように解き明かします。また、GDPや貿易赤字、グローバル経済や、デジタル経済、税金の使われ方と国の借金のはなしなども解説。
経済のしくみと政府の財政
経済のしくみと政府の財政
くらす、はたらく、経済のはなし 4 new
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
ひとりひとりの「性」を大切にする社会へ ひとりひとりの「性」を大切にする社会へ
知らないと守れない人権がある new
 遠藤まめた
978-4-406-06434-7
四六判並 168P
新日本出版2020/1
 
詳細を見る
本体価格:1,500 円+税
「LGBT」や「ジェンダー」などの言葉が広がる昨今。私たちは、どれくらいその意味や実態を知っているでしょうか?「多様性」が問うているのは、実はマイノリティの尊厳だけではなく、他ならぬ私たち一人ひとりの生き方かもしれません。誰もが自分らしく生きられる社会にするために、まずここから一緒に考えてみませんか?
ひとりひとりの「性」を大切にする社会へ
ひとりひとりの「性」を大切にする社会へ
知らないと守れない人権がある new
本体価格:1,500 円+税
 
詳細を見る
マルクス 弁証法観の進化を探る マルクス 弁証法観の進化を探る
『資本論』と諸草稿から new
 不破哲三
978-4-406-06397-5
A5判並 312P
新日本出版2020/1
 
詳細を見る
本体価格:2,000 円+税
マルクスの二つの弁証法命題(第一命題=「研究過程の弁証法」、第二命題=「発展と没落の弁証法」)を軸に、どのような方法論の進化があったかを究明。弁証法についての沈黙の時期から、恐慌論探究のなかで起きた1865年の「ひらめき」以後の発展など、全過程を探って見落とされていた“ミッシング・リンク(失われた環)”のもつ広範な意義を明らかにする。
マルクス 弁証法観の進化を探る
マルクス 弁証法観の進化を探る
『資本論』と諸草稿から new
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
日中戦争への旅◎加害の歴史・被害の歴史 日中戦争への旅◎加害の歴史・被害の歴史

 
9784772614139
4-6・272ページ
合同出版
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
日中戦争への旅◎加害の歴史・被害の歴史
日中戦争への旅◎加害の歴史・被害の歴史

本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
いのちを選ばないで いのちを選ばないで
やまゆり園事件が問う優生思想と人権
  藤井 克徳 編 池上 洋通 編 石川 満 編 井上 英夫 編
9784272360925
A5・208ページ
大月書店
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
社会を震撼させた障害者施設での殺傷事件から3年。出生前診断など新たな優生思想の登場を背景に、私たちの社会は被告の論理を克服したと言い得るのか。公判開始を前に、忘れてはならない人権保障の視点をあらためて提起する。
いのちを選ばないで
いのちを選ばないで
やまゆり園事件が問う優生思想と人権
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
だれが日韓「対立」をつくったのか だれが日韓「対立」をつくったのか
徴用工、 「慰安婦」、そしてメディア new
  岡本 有佳 編 加藤 圭木 編
9784272211227
4-6・168ページ
大月書店2019/12
 
詳細を見る
本体価格:1,400 円+税
徴用工」問題に端を発し悪化の一途をたどる日韓関係。だが、そもそも問題の根はどこにあるのか? 「徴用工」「慰安婦」「少女像」の問題など、韓国への疑問や反発を解きほぐし、日韓の相互理解と対話へとつなぐ。
だれが日韓「対立」をつくったのか
だれが日韓「対立」をつくったのか
徴用工、 「慰安婦」、そしてメディア new
本体価格:1,400 円+税
 
詳細を見る
日本の支配者 日本の支配者
国会で答弁する大臣の背後にいるのは誰?
 佐々木憲昭
978-4-406-06396-8
A5判並 304P
新日本出版2019/11
 
詳細を見る
本体価格:2,000 円+税
求人は非正規雇用ばかり、「格差社会」の先に待つのは低年金。国は社会保障を切り捨てながら軍事費拡大――こんな社会になったのはなぜ? 日本社会は、誰が、どう支配しているのか? 国会議員時代に考えていた問題意識から日本の「財界」に関する研究を続けてきた著者が、歴史と最近の動向をふまえわかりやすく解明します。
日本の支配者
日本の支配者
国会で答弁する大臣の背後にいるのは誰?
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る

戻る|1  2 3 4..19次へ

最近チェックした商品 クリア