日中戦争全史 上 対華21カ条要求(1915年)から南京占領(1937年)まで
日中戦争全史 上

日中全面戦争とはどのような戦争だったのか?
1937(昭和12年)年の盧溝橋事件から始まった日中全面戦争は、41(昭和16年)年に始まったアジア太平洋戦争の中に包摂され、“主戦場”は太平洋戦域に移ったという認識が定着している。

しかし、多くの日本人は、中国大陸には宣戦布告もせずに百万の軍隊を送り込み、長期にわたる無差別戦略爆撃、国際法違反の生物兵器や毒ガス兵器を用いた化学戦を繰り広げた歴史事実を知らず、41年の対英米戦争が始まって以降の中国戦線への認識が欠落している。

本書の特徴は、これまでの歴史書にない海軍の謀略、宣戦布告無しの爆撃など海軍の動きを克明に記述。日中全面戦争とアジア太平洋戦争を関連づけて全体像を描くために、日中戦争研究の第一人者である著者が10年を費やし描いた労作である。

9784874986240
4-6・320ページ
高文研 2017/7
【要送料】

商品価格 本体価格 2,300 円+税
著者又は編者名 笠原 十九司
カテゴリ その他
最近チェックした商品 クリア