日本人の明治観をただす new
日本人の明治観をただす

近隣諸国との真の友好関係を築く第一歩は、日本帝国の朝鮮に対する侵略をどのように進めていったかを知ることです。

現代の日本人の間に深く浸透している「栄光の明治」観──日清・日露戦争に勝利して「一等国」にのぼりつめる物語ですが、国内においてはアイヌや琉球の人々を臣民化し、台湾・朝鮮を植民地として併合する帝国主義国家が誕生する道のりでもありました。

本書は、日清・日露戦争の主眼は朝鮮支配にあるとし、その具体的な事実を日本軍による不法行為と戦史の改ざんを示す史料で明らかにしました

9784874986721
4-6・272ページ
高文研2019/2【要送料】

商品価格 本体価格 2,200 円+税
著者又は編者名 中塚 明
カテゴリ 政治
その他
最近チェックした商品 クリア