消された「種子法」 new
消された「種子法」

国際規約と憲法25条にもとづく原告1300人の訴えを読み解く。
戦後、主食の安定供給を支えてきた「種子法」が昨年、民間活力を導入するためとして唐突に廃止されました。廃止後の食卓や農家が直面する問題を予測し、廃止は国際条約と憲法が保障する「食の権利」を侵害することを詳しく伝えます。


978-4-7803-1057-3
A5判112頁
かもがわ出版2019/11

商品価格 本体価格 1,000 円+税
著者又は編者名 山田 正彦・岩月 浩二・浅野 正富 ・ 田井 勝
カテゴリ 教育
政治
最近チェックした商品 クリア