基地と財政 沖縄に基地を押しつける「醜い」財政政策基地問題は日本問題である。沖縄問題ではない
基地と財政 沖縄に基地を押しつける「醜い」財政政策

「日本人は醜い―沖縄に関して、私はこう断言することができる」(大田昌秀『醜い日本人』)。基地問題は「沖縄問題」ではない、日本問題である。それなのに、基地は不条理にも沖縄に押しつけられてきた。そしてまた、普天間飛行場の返還に辺野古新基地が要求されているのだ。日本政府はその同意を得るために、沖縄に対して財政政策を講じてきた。その詳細を分析して、正に「醜い」財政政策の実態を明らかにする。

9784880376820
136ページA5
自治体研究社2018/7

商品価格 本体価格 1,600 円+税
著者又は編者名 川瀬 光義(著)
カテゴリ 政治
最近チェックした商品 クリア