戦争はすべてを奪っていく 戦争はすべてを奪っていく
わたしは戦争が大嫌い……子どもたちの声をどう聴きますか? new
 村山士郎/編著 金田一清子/編著 西條昭男/編著
978-4-406-06754-6
A5判並 176P
新日本出版
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
「『せんそう』といういみを知っていますか。それは、人がたくさんしんでしまうということです」。ロシアが仕掛けたウクライナ戦争。かつての日本の戦争にも重なりますが、日本での反戦の声はどうなっているしょうか。子どもの心にはどう映っているのか、どう語り合ったら良いのか、子どもの詩や作文から考えます。
戦争はすべてを奪っていく
戦争はすべてを奪っていく
わたしは戦争が大嫌い……子どもたちの声をどう聴きますか? new
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
昭和天皇の戦争認識 昭和天皇の戦争認識
『拝謁記』を中心に new
 山田朗/著
978-4-406-06756-0
四六判並 228P
新日本出版2023/7
 
詳細を見る
価格:1,870 円(税込)
日本近現代史研究で定評のある著者が、完結した『昭和天皇拝謁記』を中心に論じた歴史認識論。かなり率直な天皇の言葉も記された『拝謁記』に分け入り、天皇の戦争認識、対日講和条約発効時の「お言葉」問題、天皇の憲法に対する考え、アジア観や米国観などを鋭く分析。象徴天皇制の問題点や司馬遼太郎についても論究。
昭和天皇の戦争認識
昭和天皇の戦争認識
『拝謁記』を中心に new
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
人新世の「資本論」 人新世の「資本論」

 斎藤 幸平
978-4-08-721135-1
新書判/384ページ
集英社2020/9【要送料】
 
詳細を見る
価格:1,122 円(税込)
人類の経済活動が地球を破壊する「人新世」=環境危機の時代。
気候変動を放置すれば、この社会は野蛮状態に陥るだろう。
それを阻止するためには資本主義の際限なき利潤追求を止めなければならないが、資本主義を捨てた文明に繁栄などありうるのか。
いや、危機の解決策はある。
ヒントは、著者が発掘した晩期マルクスの思想の中に眠っていた。
世界的に注目を浴びる俊英が、豊かな未来社会への道筋を具体的に描きだす!
人新世の「資本論」
人新世の「資本論」

本体価格:1,020 円+税
 
詳細を見る
  保護者はなぜ「いじめ」から遠ざけられるのか 保護者はなぜ「いじめ」から遠ざけられるのか

 平墳雅弘
ISBN 978-4-8118-0821-5
四六判・並製 184ページ
太郎次郎社 2017/4【要送料】
 
詳細を見る
価格:1,540 円(税込)
クラスの惨状をどれだけ訴えても、原因を探ることもなく、動かない。個人情報をタテに何も教えてくれず、紋切り型の回答がくり返される。保護者は何もわからず、何の解決もしないまま、子どもに「いじめ撲滅宣言」をつくらせて幕引きとされる─。

なぜこうなってしまうのか。

30年以上にわたり小中学校の現場に立つ現役教員が、親からは見えない学校の内側を、いま明らかにする。
  保護者はなぜ「いじめ」から遠ざけられるのか
保護者はなぜ「いじめ」から遠ざけられるのか

本体価格:1,400 円+税
 
詳細を見る
隠れ教育費 隠れ教育費
公立小中学校でかかるお金を徹底検証
 裄V靖明 著福嶋尚子 著
978-4-8118-0837-6
四六判・並製256ページ

 
詳細を見る
価格:1,980 円(税込)
小中の9年間でいったい学校にいくら払っているのか? 膨大にかかる入学準備費、教科書より多い私費購入の副教材、保護者もヘトヘト部活動、家計直撃の修学旅行、本当に必要なのか卒業記念品。
義務教育って無償じゃなかったの? 学校や地域によって金額も項目も異なる保護者が学校に支払うお金の現状と、そこに至る歴史や法的根拠を一望し、納得できるあり方へ転換する道を提起する。
隠れ教育費
隠れ教育費
公立小中学校でかかるお金を徹底検証
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
学校統廃合を超えて 学校統廃合を超えて

 山本 由美, 中林 浩, 平岡 和久, 渡辺 繁博
9784880377445
A5238ページ
自治体問題研究社2022/7
 
詳細を見る
価格:2,750 円(税込)
止まらない学校統廃合、その対抗軸を考える

身近な学校の統廃合が止まらない。子どもの成長、発達はどうなってしまうのか。そして、地域社会に未来はあるのか。公共施設の再編政策と財政誘導で、学校の統廃合が強引に進められている。そこでは、子どもの成長や地域の未来など置いてきぼりのままだ。効率と産業化を追求するこの事実を批判的に検証し、子ども、学校、地域を守ろうとする各地の取り組みを紹介する。
学校統廃合を超えて
学校統廃合を超えて

本体価格:2,500 円+税
 
詳細を見る
学童保育を哲学する 学童保育を哲学する
子どもに必要な生活・遊び・権利保障 new
 増山 均
9784880377476
A5150ページ
自治体研究社2022/11
 
詳細を見る
価格:1,870 円(税込)
コロナパンデミックのなか、学童保育の社会的な役割が増しています。そこにはさまざまな運営主体が参入し、多くの人々が関わっています。いま「学童保育とは何か」「学童保育はどうあれば良いのか」という《理念の確認》が必要な時です。学童保育の歴史を見つめ、子どもの生活と遊び、権利保障のあり方、地域との連携、子ども観など、学童保育をめぐる基本問題を、子どもを中心に置いて熟考(哲学)します。
学童保育を哲学する
学童保育を哲学する
子どもに必要な生活・遊び・権利保障 new
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
保育・教育のDX が子育て・学校、地方自治を変える 保育・教育のDX が子育て・学校、地方自治を変える
new
 稲葉 一将, 稲葉 多喜生, 児美川 孝一郎
9784880377483
A596ページ
自治体研究社022/11
 
詳細を見る
価格:1,100 円(税込)
こども家庭庁の設置を前に、複数の行政組織を超えて「こどもの個人情報」が収集・集積、“利活用”される仕組みが準備され、保育の現場ではこどもの情報がテック企業に集積されている。GIGAスクール構想の先ですすむ「教育DX」政策の動向をふくめ、デジタル化政策が子育てと公教育、地方自治にもたらすものとは?
保育・教育のDX が子育て・学校、地方自治を変える
保育・教育のDX が子育て・学校、地方自治を変える
new
本体価格:1,000 円+税
 
詳細を見る
子どもの未来図─子ども期の危機と貧困化に抗する政策的課題 子どもの未来図─子ども期の危機と貧困化に抗する政策的課題
new
 浅井 春夫
9784880377155
A5188ページ
自治体問題研究社2020/10
 
詳細を見る
価格:1,980 円(税込)
コロナ危機の時代に未来図を描くことは、ポストコロナの時代を創造していくうえで必要不可欠である。2020年2月27日の突然の小・中・高・特別支援学校の一斉休校の要請(事実上の決定と服従)が、政府の〈子どもへの無関心〉によるものであったことは記憶しなければならない。いま、子どもたちはどんな環境に置かれているのだろうか。貧困、虐待、いじめなどの実際をつぶさにたどり、児童養護問題から児童相談所、母親と子、子育ての現状を多角的に分析して、時代を変えるための認識と運動のあり方を考える。
子どもの未来図─子ども期の危機と貧困化に抗する政策的課題
子どもの未来図─子ども期の危機と貧困化に抗する政策的課題
new
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
部活動の論点 部活動の論点
new
 青柳 健隆 編著
9784845116164
A5・260ページ
旬報社2019/11
 
詳細を見る
価格:1,980 円(税込)
学校では9割近い生徒たちが所属する部活動。

しかしながら、子どもたちは強制加入の部活に疲れ,指導教員は生活を部活に浸食され翻弄されている。

浮かび上がる部活動の諸問題……。

本書では、部活動の現状を教育論、スポーツ科学のほか、
倫理学、社会学、メディア論、ジェンダー論など多角的にアプローチし、
これからの部活の在り方や子どもの将来を考えるときに必要な視角を提示する。

部活動についての今後を考えたい教師、親、地域活動家など必読の書。

部活動の論点
部活動の論点
new
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る

戻る1.. 24 25 26 27 |次へ

最近チェックした商品 クリア