ポスト資本主義のためにマルクスを乗り越える ポスト資本主義のためにマルクスを乗り越える

 鈴木 元
978-4-7803-1217-1
四六判324頁
かもがわ出版2022/4
 
詳細を見る
価格:2,200 円(税込)
社会主義の国とそれをめざす運動が衰退したのはなぜか。
社会主義に目覚めて以降60余年闘った著者が、社会主義国の凋落、社会主義運動の低迷という現実をふまえ、マルクス主義を理論の根底から問い直した問題作
ポスト資本主義のためにマルクスを乗り越える
ポスト資本主義のためにマルクスを乗り越える

本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
震災を語り伝える若者たち 震災を語り伝える若者たち

 瀬成田 実
978-4-7803-1211-9
A5判180頁
かもがわ出版2022/3
 
詳細を見る
価格:1,980 円(税込)
学校が守るべきは子どもの〈命〉。
「 初めて生徒が登校したときは、『生きててよかった』と思わず抱きしめました」
「 震災後の授業では教科書すらないため、ただただ家のことや家族のことを語り合いました」
 学校は、子どもと教師の裸のふれあいの場になったのです。そこでは、競争はありません。点数や成績の話も不要です。
東日本大震災は、命を学ぶかけがえのない教材、異次元の〈大きな学び〉だったと思います。
本書は、2015年4月に宮城県七ヶ浜町立向洋中学校に入学した子どもたちの6年あまりの学びと成長の記録です。
震災を語り伝える若者たち
震災を語り伝える若者たち

本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
愛の讃歌としての経済 愛の讃歌としての経済

 浜 矩子
978-4-7803-1200-3
四六判176頁
かもがわ出版2022/3
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
経済はカネが全て?
経済活動は人間の営みであり、愛なき営みは人間の営みに非ず。
事例研究を重ね、偽物の経済を排して、愛の経済に向かう道を指し示す。
愛の讃歌としての経済
愛の讃歌としての経済

本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
まどさんの詩で時間割 まどさんの詩で時間割
声にのせ、言葉をそだてる
  岩辺泰吏/著
978-4-7803-1207-2
四六201p
かもがわ出版 2022/3
 
詳細を見る
価格:1,980 円(税込)
詩を楽しむ子どもたちの姿・エピソードがいっぱい!
詩っていいな。仲間ってすてきだな。
「子どもたちに詩をいっぱい!」
「いつも詩のある教室を!」
小学校教師として、子どもと詩とのゆたかな出あいをつくる実践を重ねてきた岩辺泰吏さん。
子どもたちとの詩のある暮らしから、こんなすてきな時間割が生まれました。
まどさんの詩で時間割
まどさんの詩で時間割
声にのせ、言葉をそだてる
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
終わらない占領との決別 終わらない占領との決別
目を覚ませ 日本!!
 木村朗/編集 望月衣塑子/著 木村三浩/著
978-4-7803-1216-4
四六224P
かもがわ出版2022/3
 
詳細を見る
価格:1,870 円(税込)
左翼と右翼の枠を超えた著者陣が、いまだ主権国家と言えない日本の現実を憂え、その原因と歴史、どうやって打開するのかを論じ合う
終わらない占領との決別
終わらない占領との決別
目を覚ませ 日本!!
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
『資本論』全三部を読む 新版 3 『資本論』全三部を読む 新版 3
『資本論』のなかに多彩に息づく弁証法を学び取る第三冊
 不破哲三/著
978-4-406-06613-6
A5判並 320P
新日本出版2022/3
 
詳細を見る
価格:2,200 円(税込)
大工業の飛躍的な発展のなかで、労働者の雇用を激しく脅かし始めた現実に向き合い、労働運動の指導にもあたるマルクス。資本の略奪実態を「血と火の文字」で描かれた歴史と喝破すると同時に、その歴史的発展のなかに個人の全面的な発達など、未来につながる要素を見いだすマルクスの未来社会論の核心などを解き明かします。第一部の最後までを解説する巻。
『資本論』全三部を読む 新版 3
『資本論』全三部を読む 新版 3
『資本論』のなかに多彩に息づく弁証法を学び取る第三冊
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
市民と野党の共闘 市民と野党の共闘
未完の課題と希望
 児玉 勇二、梓澤 和幸、内山 新吾〔編〕
978-4-87154-208-1
あけび書房2022/4
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
今夏の参院選で反転攻勢を

メディアや政治家の皆さん、市民と野党の共闘、勝手に終わりにしないでね。
市民と野党の共闘
市民と野党の共闘
未完の課題と希望
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
「切り札」山下泰裕は日本柔道界を変革できるか 「切り札」山下泰裕は日本柔道界を変革できるか

 木村 秀和
978-4-7807-1830-0
四六判並製・200頁
本の泉2021/12
 
詳細を見る
価格:1,430 円(税込)
「はじめに」で著者は言う、「私は心配なのである。というのも日本の柔道人口が年々減少し、ついに10万人台、しかもそれを割ろうかというまでになってしまっていること」、そして「最後の切り札」として全柔連会長に就任した山下泰裕氏のもとでも暴力事件が減らないどころか、「改革に背を向けた姿勢が目立つ」。いったいどうなってしまったのか。
30年余にわたって日本柔道界を見続けてきたジャーナリストが、思いの全重量をかけて問いただし、提言する。山下よ、目を覚ませ!と。
「切り札」山下泰裕は日本柔道界を変革できるか
「切り札」山下泰裕は日本柔道界を変革できるか

本体価格:1,300 円+税
 
詳細を見る
本当に、マルクスは書いたのか、エンゲルスは見落としたのか 本当に、マルクスは書いたのか、エンゲルスは見落としたのか
不破哲三氏の論考「再生産論と恐慌」の批判的検討
 川上 則道
978-4-7807-1839-3
A5判並製・256頁
本の泉2022/3
 
詳細を見る
価格:2,750 円(税込)
社会資本の「再生産」と資本主義の最大欠陥である「恐慌」は、資本主義を理解しその打開のための方策を探る根幹の命題といっていい。それがもし揺らぐなら…… 著者は『資本論』をはじめ原典を精緻にたどり分析することを通じて、不破哲三氏の理解を批判する。問題の所在を明らかにすることは社会変革の道筋にも関わっており、ひろく真摯な議論を求める一書。
本当に、マルクスは書いたのか、エンゲルスは見落としたのか
本当に、マルクスは書いたのか、エンゲルスは見落としたのか
不破哲三氏の論考「再生産論と恐慌」の批判的検討
本体価格:2,500 円+税
 
詳細を見る
グラムシ グラムシ
「未完の市民社会論」の探究 『獄中ノート』と現代
 松田博
978-4-87154-201-2
46判 184頁
あけび書房2021/12
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
生誕130年の今も生命力あるグラムシの思想
その基底にある市民社会論を軸に『獄中ノート』を読み解き、
現代のラディカル・デモクラシーの展開へ架橋する。
グラムシ
グラムシ
「未完の市民社会論」の探究 『獄中ノート』と現代
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る

戻る1 2 3 4  5 6 7..95次へ

最近チェックした商品 クリア