日本人の明治観をただす 日本人の明治観をただす
new
 中塚 明
9784874986721
4-6・272ページ
高文研2019/2【要送料】
 
詳細を見る
本体価格:2,200 円+税
近隣諸国との真の友好関係を築く第一歩は、日本帝国の朝鮮に対する侵略をどのように進めていったかを知ることです。

現代の日本人の間に深く浸透している「栄光の明治」観──日清・日露戦争に勝利して「一等国」にのぼりつめる物語ですが、国内においてはアイヌや琉球の人々を臣民化し、台湾・朝鮮を植民地として併合する帝国主義国家が誕生する道のりでもありました。

本書は、日清・日露戦争の主眼は朝鮮支配にあるとし、その具体的な事実を日本軍による不法行為と戦史の改ざんを示す史料で明らかにしました
日本人の明治観をただす
日本人の明治観をただす
new
本体価格:2,200 円+税
 
詳細を見る
けんぽう紙芝居 檻の中のライオン けんぽう紙芝居 檻の中のライオン
new
 楾 大樹:お話・今井 ヨージ:絵
978-4-7803-1018-4
265mm×385mm×10mm(ケース入り)25枚
かもがわ出版2019/3
 
詳細を見る
本体価格:2,500 円+税
あの人気の憲法入門書が、紙芝居に!
憲法入門書として好評発売中の『檻の中のライオン』が紙芝居になりました。
 憲法の役割や立憲主義の意味がよくわかると好評をいただいている『檻の中のライオン』。著者の楾大樹先生は『檻の中のライオン』をつかって全国200箇所以上で講演をおこない、全国にファンが増えています。
 講演を聞いた人たちから「もっとたくさんの人に『檻の中のライオン』のはなしを聞いてほしい」と多数の要望をいただき、だれでも演者になれる紙芝居を作成しました。
 小学校での授業や生涯学習、憲法講座、ご家庭など、いろいろな場で憲法の意義と役割を知ってもらえるツールです。
けんぽう紙芝居 檻の中のライオン
けんぽう紙芝居 檻の中のライオン
new
本体価格:2,500 円+税
 
詳細を見る
道徳ってなに? 道徳ってなに?
道徳ってなに? 道徳を考える 1 new
 内田樹
978-4-7803-0991-1
A4判変型32頁
かもがわ出版2019/1
 
詳細を見る
本体価格:2,500 円+税
道徳について考える習慣をつけるきっかけの本!
「みなさん、こんにちは。内田樹です」というおなじみのスタイルではじまる、内田先生の書き下ろし。小学生に向けて文章を書くことは、ほとんどないという先生は、道徳の本を書くように編集部からたのまれ、なにを書けばいいかわからないまま引き受けてしまった。
はたして、内田先生が最後にたどりついた結論は……?
道徳ってなに?
道徳ってなに?
道徳ってなに? 道徳を考える 1 new
本体価格:2,500 円+税
 
詳細を見る
「安倍増税」は日本を壊す 「安倍増税」は日本を壊す
消費税に頼らない道はここに new
 垣内亮
ISBN978-4-406-06345-6
A5判並製 192P
新日本出版2019/3
 
詳細を見る
本体価格:1,700 円+税
消費税の10%への増税は、「アベノミクス」との相乗効果で、暮らしと経済を破壊し、社会のあり方まで大きく変える。5.7兆円の増税に対し、「ポイント還元」などに6兆円使うという「対策」は本末転倒。具体的な根拠と豊富なデータで、消費税に頼らない財政再建と社会保障充実の対案を提示し、増税ストップの力になる。
「安倍増税」は日本を壊す
「安倍増税」は日本を壊す
消費税に頼らない道はここに new
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
『資本論』のなかの未来社会論 『資本論』のなかの未来社会論
『資本論』そのもののなかに未来社会論の全体像を探る new
 不破哲三
ISBN978-4-406-06344-9
A5判並製 224P
新日本出版2019/3
 
詳細を見る
本体価格:1,700 円+税
資本主義と交替する次の社会をどう展望するかという未来社会の問題は、『資本論』を貫く大きな主題だった。そのマルクスが展望した未来社会の姿を、マルクスの言葉であらためてつかみ直した『前衛』連載を収録。ほかに、書籍未収録だった2013年のベトナム共産党との理論交流報告、中国から寄せられた『共産党宣言』170周年記念アンケートへの回答原文も併載する。
『資本論』のなかの未来社会論
『資本論』のなかの未来社会論
『資本論』そのもののなかに未来社会論の全体像を探る new
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
21世紀のいま、マルクスをどう学ぶか 21世紀のいま、マルクスをどう学ぶか
new
 山田 敬男/牧野 広義/萩原 伸次郎【編著】
9784761714451
A5判/ページ数 203p/高さ 22cm
学習の友社2018/12
 
詳細を見る
本体価格:1,800 円+税
1 マルクスの生き方と思想(マルクスの生き方を考える;個人の尊重とマルクス;未来を先取りする労働組合)
2 資本主義の分析と批判(マルクスの経済危機分析とわたしたち―『資本論』を現代にどう生かすか;『資本論』の視点で、AI(人工知能)やICT革命をどう見るか
資本主義批判としての疎外・物象化論
「資本主義の限界」と変革の展望)
3 社会変革と未来社会(労働者階級の成長・発展とマルクス・エンゲルス;日常生活と政治意識;マルクスが資本主義の先に見た社会;マルクスの視点から日本の変革主体と労働運動を考える)
21世紀のいま、マルクスをどう学ぶか
21世紀のいま、マルクスをどう学ぶか
new
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
ハッキリ言わせていただきます! ハッキリ言わせていただきます!
黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題 new
 前川喜平 谷口真由美
978-4-08-786110-5
【要送料】
集英社2019/2
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
世の中の動きに、何も言わずに黙ってスルーしていると、
いつのまにか物事がどんどんアブナい方向に進んでいたり、
私たちにとって、日本の未来にとって、とても重要な問題が
きちんとした批判に基づいてしっかり議論されることなく
短時間で決まってしまったりすることが増えています。

どう考えてもおかしなことが平然とまかり通ってしまう
理不尽だらけの日本の社会とどう向き合えばいいのか。
そこに不可欠な、健全な批判でもっと議論を深めるための
正しい「批判のお作法」をどうやって身につければいいのか。

同じ関西出身、ラグビーでもつながっていることがわかった
前川喜平、谷口真由美のお二人が、徹底的に語り合います!
ハッキリ言わせていただきます!
ハッキリ言わせていただきます!
黙って見過ごすわけにはいかない日本の問題 new
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
重大事故を防ぐ園づくり 重大事故を防ぐ園づくり
安全な保育を求めるために園に必携の一冊 new
 猪熊弘子+新保庄三+寺町東子/著
ISBN978-4-89464-262-1
B5判・126頁2色刷
ひとなる書房2019/2
 
詳細を見る
本体価格:1,800 円+税
好評「園力アップシリーズ」待望の3点目は安心・安全の園づくりのキーになるリスクマネジメント。起こってはならない園での重大事故。「たぶん大丈夫」ではなく、しっかりと安全な保育を行うための課題は何か。保育のプロとしての責任を果たすリスクマネジメントの基本(考え方・防止策・システムづくり)や求められる力量などをわかりやすくまとめた園内研修に最適な実践書です。
重大事故を防ぐ園づくり
重大事故を防ぐ園づくり
安全な保育を求めるために園に必携の一冊 new
本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
ゼロ歳児クラスの12か月 ゼロ歳児クラスの12か月

 社会福祉法人 新瑞福祉会/著 柏木牧子/絵
ISBN978-4-89464-259-1
A5判・72ページ
ひとなる書房2019/1
 
詳細を見る
本体価格:1,300 円+税
ゼロ歳児クラスの保育園での生活・あそびはどんなふうなのか?
保育士はどんなことを大切にして保育をしているのか?
月ごとの保育を担当保育士が一人ひとりの子どもの姿をふまえて、詳しく紹介しているので、月齢ごとの実際の姿がわかります。
新人保育士、保護者、保育を深めたいあなたにおすすめの一冊です。
ゼロ歳児クラスの12か月
ゼロ歳児クラスの12か月

本体価格:1,300 円+税
 
詳細を見る
1歳児クラスの12か月 1歳児クラスの12か月

 社会福祉法人 新瑞福祉会/著 柏木牧子/絵
ISBN978-4-89464-260-7
A5判・72ページ
ひとなる書房2019/1
 
詳細を見る
本体価格:1,300 円+税
1歳児クラスの保育園での生活・あそびはどんなふうなのか?
保育士はどんなことを大切にして保育をしているのか?
担当保育士が一人ひとりの子どもの姿をふまえて、詳しく紹介。月ごとの育ちの実際の姿がよくわかります。
新人保育士、保護者、保育を深めたい保育士におすすめの一冊です。
1歳児クラスの12か月
1歳児クラスの12か月

本体価格:1,300 円+税
 
詳細を見る

戻る1 2 3 4  5 6 7..86次へ

最近チェックした商品 クリア