安倍政権の終焉と新自由主義政治、改憲のゆくえ 安倍政権の終焉と新自由主義政治、改憲のゆくえ
「安倍政治」に代わる選択肢を探る new
 渡辺 治
9784845116683
4-6・168ページ
旬報社2020/10
 
詳細を見る
本体価格:1,200 円+税
本書の大半は、安倍政権を一刻も早く倒さねばならないという思いで、8月末に脱稿していたが、その直後、8月28日になって、安倍首相が記者会見で辞任を表明した。その後、ポスト安倍をめぐるメディアの大騒ぎを経て、9月16日に菅内閣が誕生した。安倍政権は倒れたが、それで、安倍が追求した新自由主義政治も憲法改悪も終わったわけでは全くなく、菅政権の下で「安倍なき安倍政治」が続けられる。本書での問題提起は、安倍政権が変わっても、なお、というかいっそう切実になったと思い、最小限の手直しをして発表することにした。
安倍政権の終焉と新自由主義政治、改憲のゆくえ
安倍政権の終焉と新自由主義政治、改憲のゆくえ
「安倍政治」に代わる選択肢を探る new
本体価格:1,200 円+税
 
詳細を見る
登校拒否・不登校−親たちのあゆみ 登校拒否・不登校−親たちのあゆみ

 登校拒否・不登校問題全国連絡会25年のあゆみ編集委員会
978-4-7803-1122-8
A5判204頁
かもがわ出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:1,800 円+税
不登校になった子どもを受けとめられず揺れる親たち
子どもと向き合い、自分と向き合い、登校拒否・不登校の子どもの親を生きる。
もうひとつの当事者たちの出会いの物語。あの日の涙が希望の笑顔に変わるまで。
子どもが学校に行かなくなったとき、親の気持ちも揺れるのです。
子どもたちのメッセージを受けとめようと、いっぱい揺れて新しい生き方に踏み出せたのも、登校拒否・不登校を選んだ子どもたちからの大切なプレゼントかもしれません。
登校拒否・不登校−親たちのあゆみ
登校拒否・不登校−親たちのあゆみ

本体価格:1,800 円+税
 
詳細を見る
〈復興と祝祭〉の資本主義 〈復興と祝祭〉の資本主義
唯物論研究年誌第25号 new
 唯物論研究協会 編
9784272439157
A5・256ページ
大月書店2020/10
 
詳細を見る
本体価格:3,500 円+税
地震、水害、新型コロナ…引き続く災害に襲われる日本。そのなかで、五輪など祝祭により復興を目論む政治・資本の力と、新自由主義がもたらした社会の困難が露出している。その矛盾の裂け目から、新たな社会のビジョンを描く。
〈復興と祝祭〉の資本主義
〈復興と祝祭〉の資本主義
唯物論研究年誌第25号 new
本体価格:3,500 円+税
 
詳細を見る
檻を壊すライオン 檻を壊すライオン
時事問題で学ぶ憲法 new
 楾 大樹
7803-1118-1
四六判 264頁
かもがわ出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
暴走の事例とともに権力の制御方法を考える。
全国46都道府県で計500回以上開催された憲法講座のなかの「統治機構」「憲法からみた最新の時事問題」が1冊にまとまりました。
いまの政治のなにが駄目なのか?これを読めばスッキリわかります。
※日本国憲法の統治システムの解説とともに、憲法に違反している現政権の事例を約50紹介します。
檻を壊すライオン
檻を壊すライオン
時事問題で学ぶ憲法 new
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない 安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない
菅政権を「倒せる」条件 new
 松竹 伸幸
978-4-7803-1125-9
四六判144頁
かもがわ出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:1,200 円+税
保守革新の垣根を超えて安倍政治の抱括的分析を行い、引き継ぐ新政権と日本の向かう道を探る
安倍氏が国政に登場した1993年
冷戦が終了し、資本主義は行き詰まり、自民党一党支配が揺らぎ、戦後民主主義は危機に直面していた。その新しい構造変化に対し、他の保守政治家にはできなかった対応をしたのが安倍氏であった。そこを正確に見抜かなければ、安倍的な政治への対抗軸は見えてこない。
安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない
安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない
菅政権を「倒せる」条件 new
本体価格:1,200 円+税
 
詳細を見る
わたしのおうち わたしのおうち
ここがわたしのいる場所、「わたしのおうち」
 伊藤暢彦/著
978-4-406-06503-0
四六判上 224P
新日本出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:1,600 円+税
チャレンジドの祥(さち)さんが、30代半ばを迎え、知的障がい者施設に入所して八年。ひょうきんで甘えん坊の祥さんと、入所者一人一人の障がいや個性を深く理解し寄り添う、支援スタッフたちの努力と、そして時に葛藤の物語です。スタッフによって記された克明な『祥さんの生活記録』に基づき、祥さんのお父さんが綴ります。
わたしのおうち
わたしのおうち
ここがわたしのいる場所、「わたしのおうち」
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
教師はあきらめない 教師はあきらめない
校長のパワハラから生徒と教育を守る!
 三木ひろ子/著
978-4-406-06501-6
四六判並 240P
新日本出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:1,500 円+税
クラス担任や部活顧問からの突然の排除、学外での「勤務」の強制、次々に雇い止め・再雇用拒否……子どもの人格を育む学校で、およそあってはならない事態が約15年にわたって続く鶴川高校。傷つけられた生徒の苦悩、「荒れ」た学校で生徒を守り学びを再生する努力。私心なく人権侵害とたたかってきた教師の渾身の記録。
教師はあきらめない
教師はあきらめない
校長のパワハラから生徒と教育を守る!
本体価格:1,500 円+税
 
詳細を見る
戦争と弾圧 戦争と弾圧
戦前と戦後の日本政治の実態を、弥三を通して克明に追う!
 纐纈厚
978-4-406-06513-9
四六判上 320P
新日本出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:2,200 円+税
戦前期の戦争の時代に天皇中心の国体思想に迎合しない人々を徹底的に弾圧し、その人権や生命すら奪った戦前期の権力者たち。その彼らが時を経て生き残り、再び戦後日本で新たな国体思想を普及すべく、紀元節復活を目的とする「建国記念の日」を目指す。その旗振り役を担った特高課長・纐纈弥三を通して、戦前戦後を通観する、迫真の書き下ろし。
戦争と弾圧
戦争と弾圧
戦前と戦後の日本政治の実態を、弥三を通して克明に追う!
本体価格:2,200 円+税
 
詳細を見る
『資本論』完成の道程を探る 『資本論』完成の道程を探る
マルクスが心血を注ぎ、エンゲルスがその完成に生涯をかけた全道程が明らかに! new
 不破哲三
978-4-406-06488-0
A5判並 296P
新日本出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:2,000 円+税
『新版 資本論』刊行開始の記念講演(2019年秋)を序論に、2020年の『前衛』誌に発表した、『資本論』第二部、第三部の編集にあたったエンゲルスの苦闘の経過と意義を解明した論考、マルクスの恐慌理論の成立・展開の過程の歴史的追跡に挑戦した論考を収録する。巻末にはマルクスの恐慌論が現代に生きることを実証した論考を旧著から紹介。
『資本論』完成の道程を探る
『資本論』完成の道程を探る
マルクスが心血を注ぎ、エンゲルスがその完成に生涯をかけた全道程が明らかに! new
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
子どもの本から世界をみる 子どもの本から世界をみる
子どもとおとなのブックガイド88
 石井 郁子・片岡 洋子他
978-4-7803-1095-5
A5判228頁
かもがわ出版2020/10
 
詳細を見る
本体価格:2,000 円+税
子どもの本を通して、子どもと社会と時代を見つめ続けてきた保育・教育・心理学研究者、教師や司書たちの36年にわたる500冊余の子どもの本の読み合いから生まれたブックガイド。
子どもはもちろん、おとなにこそすすめたい本をたっぷりと紹介。
新しい世界へのとびらを胸高鳴らせてひらき、そして、ほろ苦く人生を味わう1冊との出会いが待っています。
ともに生きる未来への読書案内です。
子どもの本から世界をみる
子どもの本から世界をみる
子どもとおとなのブックガイド88
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る

戻る1 2 3  4 5 6..101次へ

最近チェックした商品 クリア