沖縄米軍基地と日本の安全保障を考える20章 さよなら安倍政権
沖縄米軍基地と日本の安全保障を考える20章

 屋良 朝博
ISBN 978-4-7803-0845-7 C0031
A5判 96頁
かもがわ出版 2016/06
 
詳細を見る
価格:1,100 円(税込)
沖縄タイムスの元社会部長が、膠着する普天間基地問題の解決へ、海兵隊の沖縄駐留に固執する議論を日本の安全保障の観点から批判する。
 
沖縄米軍基地と日本の安全保障を考える20章 さよなら安倍政権

沖縄米軍基地と日本の安全保障を考える20章

本体価格:1,000 円+税
 
詳細を見る
「日本会議」史観の乗り越え方 「日本会議」史観の乗り越え方

 松竹 伸幸
ISBN 978-4-7803-0872-3 C0036
四六判 196頁
かもがわ出版 2016/09
 
詳細を見る
価格:1,540 円(税込)
並み居る保守・右翼団体、半数近い国会議員を結集した歴史観は侮れない。日本の非道を列挙するのでなく光と影を統一する方法論を提示
 
「日本会議」史観の乗り越え方
「日本会議」史観の乗り越え方

本体価格:1,400 円+税
 
詳細を見る
南スーダン、南シナ海、北朝鮮 南スーダン、南シナ海、北朝鮮
新安保法制発動の焦点
 自衛隊を活かす会
ISBN 978-4-7803-0877-8 C0031
A5判 224頁
かもがわ出版 2016/11
 
詳細を見る
価格:2,200 円(税込)
11月から南スーダンの自衛隊が駆けつけ警護任務で新安保法制が発動。自衛隊と政府の元幹部、ジャーナリスト、国際NGOが徹底討論。
 
南スーダン、南シナ海、北朝鮮
南スーダン、南シナ海、北朝鮮
新安保法制発動の焦点
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
それって本当?メディアで見聞きする改憲の論理Q&A それって本当?メディアで見聞きする改憲の論理Q&A

 改憲をめぐる言説を読み解く研究者の会
ISBN 978-4-7803-0899-0 C0036
A5判 120頁
かもがわ出版 2016/12
 
詳細を見る
価格:1,100 円(税込)
テレビやネットで見かけるさまざま「改憲が必要な理由」。でもそれって本当?約50の問に答えながら言語学者と憲法学者が検証する。
 
それって本当?メディアで見聞きする改憲の論理Q&A
それって本当?メディアで見聞きする改憲の論理Q&A

本体価格:1,000 円+税
 
詳細を見る
ポスト「アベノミクス」の経済学 ポスト「アベノミクス」の経済学
転換期における異議申し立て
 金子 勝・松尾 匡・立命館大学社会システム研究所
ISBN 978-4-7803-0917-1 C0033
A5判 176頁
かもがわ出版 2017/06
 
詳細を見る
価格:1,870 円(税込)
アベノミクスを検証し、もう一つの市民的経済成長プランを提言。著書多数の大物経済学者と新進気鋭の経済学者による刺激的な対論。
 
ポスト「アベノミクス」の経済学
ポスト「アベノミクス」の経済学
転換期における異議申し立て
本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
抑止力のことを学び抜いたら、究極の正解は「最低でも国外」 抑止力のことを学び抜いたら、究極の正解は「最低でも国外」

 鳩山 友紀夫・柳澤 協二
ISBN 978-4-7803-0922-5 C0031
四六判 160頁
かもがわ出版 2017/07
 
詳細を見る
価格:1,320 円(税込)
抑止力を理由に米軍基地県外移設の公約を裏切った鳩山と、それを批判して論壇に登場した柳澤が、基地撤去と平和を両立させる道を探る。
 
抑止力のことを学び抜いたら、究極の正解は「最低でも国外」
抑止力のことを学び抜いたら、究極の正解は「最低でも国外」

本体価格:1,200 円+税
 
詳細を見る
沖縄謀叛 沖縄謀叛

 鳩山 友紀夫・大田 昌秀・松島 泰勝・木村 朗
ISBN 978-4-7803-0923-2 C0031
四六判 272頁
かもがわ出版 2017/08
 
詳細を見る
価格:2,200 円(税込)
「構造的差別」という言葉で表現されはじめた沖縄問題。その起源と歴史を論じつつ、抵抗か独立か東アジア共同体に向かうのかを論じる。
 
沖縄謀叛
沖縄謀叛

本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る
核兵器禁止条約の意義と課題 核兵器禁止条約の意義と課題
2017年7月7日国連会議で策定
 冨田 宏治
ISBN 978-4-7803-0930-0 C0031
A5判 96頁
かもがわ出版 2017/08
 
詳細を見る
価格:1,023 円(税込)
広島、長崎への原爆投下から72年を経て、初めて核兵器を違法化する条約ができた。その意義、経緯、核廃絶までの道を第一人者が説く。
 
核兵器禁止条約の意義と課題
核兵器禁止条約の意義と課題
2017年7月7日国連会議で策定
本体価格:930 円+税
 
詳細を見る
しあわせになるための「福島差別」論 しあわせになるための「福島差別」論

  池田 香代子・開沼 博・児玉 一八・ 清水 修二・野口 邦和・松本 春野他
ISBN 978-4-7803-0939-3
A5判248頁
かもがわ出版 2018/1
 
詳細を見る
価格:2,530 円(税込)
福島から避難した子どもたちに対してくり返されるいじめ。
本書は原発事故がもたらした差別と分断を乗り越える道筋を示す。
「(被害者)それぞれの判断を尊重すること」、「科学的な議論の土俵を共有すること」が不可欠ではないか。
まわりの人々に求められるのは、福島の人々の「しあわせ」を最優先することではないか。
しあわせになるための「福島差別」論
しあわせになるための「福島差別」論

本体価格:2,300 円+税
 
詳細を見る
白井聡対話集 白井聡対話集
ポスト「戦後」の進路を問う
 白井聡
ISBN 978-4-7803-0949-2
四六判 336頁
かもがわ出版2018/2

 
詳細を見る
価格:2,200 円(税込)
『永続敗戦論』の著者の、各分野のトップランナーとの対談集。
安倍政権に至る戦後自民党政治の根本矛盾を明らかにし、その転換を迫る。
白井聡対話集
白井聡対話集
ポスト「戦後」の進路を問う
本体価格:2,000 円+税
 
詳細を見る

戻る1.. 5 6 7 8  9 10 11..24次へ

最近チェックした商品 クリア