〈復興と祝祭〉の資本主義 〈復興と祝祭〉の資本主義
唯物論研究年誌第25号 new
 唯物論研究協会 編
9784272439157
A5・256ページ
大月書店2020/10
 
詳細を見る
価格:3,850 円(税込)
地震、水害、新型コロナ…引き続く災害に襲われる日本。そのなかで、五輪など祝祭により復興を目論む政治・資本の力と、新自由主義がもたらした社会の困難が露出している。その矛盾の裂け目から、新たな社会のビジョンを描く。
〈復興と祝祭〉の資本主義
〈復興と祝祭〉の資本主義
唯物論研究年誌第25号 new
本体価格:3,500 円+税
 
詳細を見る
時代はさらに資本論 時代はさらに資本論
資本主義の終わりのはじまり
 基礎経済科学研究所 編
9784812220221
4-6・352ページ
昭和堂2021/5送料有
 
詳細を見る
価格:3,080 円(税込)
金融危機の新たな進行や、財政緊縮政策が国際的に進展し、格差社会化、富の集中と偏在とともに幕を下ろした平成時代。令和時代では不安と混迷のなかにおかれた問題状況を克服し、生きがい・働きがいのある人間らしい社会を築いていくには個人はどう考え、歩むべきなのか。
改めて『資本論』に深く学び直す
時代はさらに資本論
時代はさらに資本論
資本主義の終わりのはじまり
本体価格:2,800 円+税
 
詳細を見る
戦後70年の日本資本主義 戦後70年の日本資本主義

 渡辺治・石川康宏・藤田実・鳥畑与一・萩原伸次郎・佐々木憲昭・山田博文・北村洋基・米田貢・大泉英次・牧野富夫・佐貫浩・友寄英隆・屋嘉宗彦
ISBN 978-4-406-06031-8 C0033
A5判並製 320頁
新日本出版社 2016/06
 
詳細を見る
価格:2,420 円(税込)
岐路に立つ日本資本主義。戦後70年の歩みをふり返り、現在の特徴や対決点、発展への展望を14人の論客が徹底分析した必読の集成!
 
日本資本主義はどこへ向かうのか?! 歴史的・多角的視座で徹底分析する
戦後70年の日本資本主義
戦後70年の日本資本主義

本体価格:2,200 円+税
 
詳細を見る
アベノミクス崩壊 アベノミクス崩壊
その原因を問う
 牧野富夫編著
ISBN 978-4-406-06032-5 C0031
四六判並製 192頁
新日本出版社 2016/06
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
「一億総活躍プラン」により、さらなる貧富の格差と大企業の利潤拡大へと突き進むアベノミクスを、第一線研究者が全面的に総括する。
 
国民生活と経済をダメにしたアベノミクスを総括する
アベノミクス崩壊
アベノミクス崩壊
その原因を問う
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
軍事依存経済 軍事依存経済

 しんぶん赤旗経済部
ISBN 978-4-406-06060-8 C0033
四六判並製 176頁
新日本出版社 2016/09
 
詳細を見る
価格:1,650 円(税込)
戦争法を強行し戦争する国づくりを進める安倍政権。それと一体に日本経済を軍事化する「アベノミクス」の本質を明らかにする。
 
戦争する国づくりと表裏一体のアベノミクス
軍事依存経済
軍事依存経済

本体価格:1,500 円+税
 
詳細を見る
なぜ異次元金融緩和は失策なのか なぜ異次元金融緩和は失策なのか

 建部正義
ISBN 978-4-406-06070-7 C0033
四六判並製 208頁
新日本出版社 2016/11
 
詳細を見る
価格:1,870 円(税込)
黒田日銀政策の完全なる失敗の理由を、金融政策の基礎的理論、日銀関係者の言説、国際的な金融政策等から分かりやすく丁寧に実証する
 
難解な金融政策もこの一冊でわかる。黒田日銀政策批判に必携の書!
なぜ異次元金融緩和は失策なのか
なぜ異次元金融緩和は失策なのか

本体価格:1,700 円+税
 
詳細を見る
空洞化と属国化 空洞化と属国化
日本経済グローバル化の顛末
 坂本雅子
ISBN 978-4-406-06161-2 C0033
A5判上 778頁
新日本出版社 2017/09
 
詳細を見る
価格:6,160 円(税込)
主力産業が大変容し停滞が続く日本経済の今後は? 政府の成長戦略で道は開けるか? 詳細な実証分析で日本の危機を鮮やかに解明。
 
大きな、そして緻密な分析でこの国の闇に迫る
空洞化と属国化
空洞化と属国化
日本経済グローバル化の顛末
本体価格:5,600 円+税
 
詳細を見る
金融危機と恐慌 金融危機と恐慌
『資本論』で考える現代資本主義
 関野秀明
ISBN978-4-406-06190-2
A5判並 160P
新日本出版 2018/1
 
詳細を見る
価格:1,760 円(税込)
「ゼロ金利・量的緩和政策」「働き方改革」など「アベノミクス」なる経済政策は何をもたらしたのか。その暴走によるブラック企業の横行、ワーキングプア、格差と貧困の拡大、さらに「戦争できる国」づくりへの変質を、豊富な統計データによる現状分析と『資本論』にある理論・法則に立ち返って本質を解明する。
金融危機と恐慌
金融危機と恐慌
『資本論』で考える現代資本主義
本体価格:1,600 円+税
 
詳細を見る
世界経済危機と『資本論』 世界経済危機と『資本論』
経済危機、景気循環を見通す理論
 萩原伸次郎
ISBN978-4-406-06238-1
A5判上 360P
新日本出版社 2018/4
 
詳細を見る
価格:3,080 円(税込)
リーマンショックなどの経済危機はなぜ起きるのか。19世紀の経済危機、戦間期大恐慌、アメリカの覇権とケインズ主義的な財政・金融、そして新自由主義的景気循環の時代――新古典派経済学では解けなかったしくみと歴史を、マルクスの信用論を土台にクリアに読み解く。アメリカ経済政策論の泰斗ならではの緻密で壮大な検証。
世界経済危機と『資本論』
世界経済危機と『資本論』
経済危機、景気循環を見通す理論
本体価格:2,800 円+税
 
詳細を見る
米中「新冷戦」と経済覇権 米中「新冷戦」と経済覇権
対立の底流には何があるか――野望と迷走を読み解く
 奥村皓一
978-4-406-06483-5
四六判並 288P
新日本出版2020/8
 
詳細を見る
価格:3,080 円(税込)
「貿易戦争」、ファーウェイ問題など溝が深まる米中関係。米国の思惑を超えて中国経済は成長し、壮大な経済圏構想「一帯一路」も矛盾をはらみながら進む。他方、米国製造業は凋落、中国依存による多国籍企業ビジネスモデルの脆弱性も明らかに。世界と時代はどう動くか。米大統領選とも関わる超大国の動向を骨太に読み解く!
米中「新冷戦」と経済覇権
米中「新冷戦」と経済覇権
対立の底流には何があるか――野望と迷走を読み解く
本体価格:2,800 円+税
 
詳細を見る

戻る1 2 3 4  5 6次へ

最近チェックした商品 クリア